krouzek 〜ラップブレスのクローシェック〜

ハンドメイドアクセサリーのkrouzek(クローシェック)です。ハンドメイドのことや日々のことなどを綴っています。

小さな耳に大ぶりピアス

私は耳たぶがありません。ないってどういうことやねん(笑)て思うかもしれませんが本当に耳たぶがなくて、イヤリングを挟む場所がないからピアス開けたらいいよと母に勧められて18歳の時に両耳に1個ずつピアス穴を開けたほどです。kroužek(クローシェック)のyascoです。

イヤリングよりはつけやすいものの、ピアス穴を端に開けてるわけじゃないのにピアスが端にきてしまうので、あまり大きいピアスはつけることができませんでした。ピアスが見事に下向いちゃうのです。悲しい。

なのですが、購入したガラスボタンのピアスについていたちょっと変わった形のキャッチが、つけるピアスの幅を広げてくれたのです。

NBK 円盤キャッチ シルバー φ11mm 10個 KE109-S

NBK 円盤キャッチ シルバー φ11mm 10個 KE109-S

 

これは金属製キャッチがドッキングしているタイプだけど、私が持っているのは全部ゴムっぽい素材のもの(形はいっしょ)。

で、ほらこんな大きめピアスも下向きにならず付けることができます。

f:id:ysk22:20170712112722j:plain

ハップヒントン洋物店さんのネイビー×ゴールドのスクエアピアス。一目ぼれして購入したものの私の頼りない耳たぶだと見事に下向いちゃってたのでキャッチを替えてみたらこの通り。

↓ピンぼけで申し訳ない。後ろはこんな感じでピアス本体とキャッチの円盤部分で耳たぶ(ほぼないけど)を挟んでしっかり安定させてくれます。

f:id:ysk22:20170712112729j:plain

f:id:ysk22:20170712112737j:plain

耳たぶが薄かったり小さかったりで大き目重めのピアスが下向いてまうー!という方はぜひ円盤型のピアスキャッチに交換してみてください。私はハンズで1ペア100円くらいで買ったけど、パーツクラブや貴和製作所などのパーツ屋さんにもほぼ確実にあると思います。